石の基礎知識

聖書に登場する宝石たち

実は聖書に語られている話の中には、数多くの宝石が登場してきていることをご存知でしょうか?

その中には、誕生石や星座石などの起源だったのでは?と思われるものも実は存在しているんです。

一体、どのように登場してきていたのでしょうか。

 

旧約聖書で登場する宝石たち

まず一つ目は、旧約聖書「出エジプト記」に登場してくる宝石たちです。

登場の場は、古代ユダヤ教の高僧が必ず身につけるべき、とされている、高僧用の胸当て

色とりどりの糸で編みこまれた、約22cm四方の胸当てです。

ここに、12個の宝石が横に3つ、4段に渡って配されていました。

 

新約聖書で登場する宝石たち

また、新約聖書にも同様に、宝石たちは登場していました。

次は、新約聖書「ヨハネの目次録」からです。

古いキリスト教の信仰の中に、「この世は一度滅び、その後に全く新しい神の国が誕生する」という考え方があります。

この、新しい神の国の都であるエルサレム城壁の土台石が、12種類の宝石で飾られていた、と語られているのです。

 

聖書に出てくる宝石たちとパワーストーンの関係

これまでのことから分かる通り、聖書では高僧の胸当ても城壁の土台石にも、どちらも12個の宝石が登場してきていました。

この12という数は、実はユダヤ民族の12部族に対応しており、それぞれ以下の宝石が、それぞれの部族を象徴していた、といわれています。

宝石の名前 部族の名前
カーネリアン ルベン族
トパーズ シメオン族
エメラルド レビ族
ルビーまたはガーネット ユダ族
サファイア ダン族
ベリル ナフタリ族
ヒヤシンス石 ガド族
アゲート アシェル族
アメジスト イサカル族
ペリドット ゼブルン族
オニキス ヨセフ族
ジャスパー ベニヤミン族

 

これらの数は、偶然にも1年を構成する12ヶ月の数や、占星術で用いられる黄道十二宮とまったく同じ数字です。

このため、聖書で語られていたこれらの石が、誕生石または星座石と関係があるのでは?と考えている人が多いのも、事実です。

あなたはこれらの数の一致、偶然だと思いますか?必然だと思いますか?

 
「なんで?!」というくらい言い当てられました。(あっちさん/女性)

復縁したい、夢を実現したい、お金が欲しい、恋愛運や結婚運アップなど。あなたの人には言えない悩みや願望を、メディアで話題の"あの占い"でスッキリ解決!

→ 試しに占ってみる ←
ここをクリック
 
 
\   SNSでシェアしよう!   /

premium stone gallery

関連記事

  1. お守りとしてのパワーストーンの最強の組み合わせとは
  2. 金運を上げる待ち受けより効果があることって?
  3. 金運が上がる壁紙に変えてみよう!
  4. パワーストーン ブランド パワーストーンで人気のブランドをご紹介!
  5. ルチルクォーツとアマゾナイトの相性について
  6. パワーストーンブレスレットでメンズが身につけるべき人気の天然石3…
  7. クリソコラで復縁ができる?
  8. パワーストーンでイライラを解消!

ピックアップ記事

  1. パワーストーン ブランド

おすすめ記事

  1. 金運がアップする方角はどの方角?
  2. クンツァイトとゾイサイトとは、どのような効果を持つパワーストーンなのか? パワーストーン ブランド
  3. パワーストーンの浄化の頻度について パワーストーンの浄化の頻度について

カテゴリー記事一覧

  1. パワーストーンで子宝に関係するものってあるの?
  2. ルチルクォーツ

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP