石の基礎知識

マナの力を信じた古来の部族たち

超自然的なパワーのことを、ポリネシアの人々は「マナ」と呼んでいました。

このマナのことを信じていたのは、一体どんな人たちだったのでしょうか。

 

マナを蓄積する「ヘイティキ」

マナの力を信仰していた部族の一つに、ニュージーランドの先住民である「マオリ族」という人たちがいます。

彼らは、祖先が宿していたマナを蓄えた、「ヘイティキ」という護符を、非常に大切にしていました。

マオリ族の言葉で「ヘイ」はペンダント、「ティキ」はニュージーランドの神話で人類の祖であると言われている男のことを指しています。

つまりヘイティキというのは、先祖代々受け継がれてきた、ペンダントのことです。

ヘイティキは翡翠軟玉に彫刻を施したもので、その形はある種の人間をかたどったものになっています。

このペンダントにマナが宿っている、ということで、古来のマオリ族はヘイティキを家宝として大事にしていたと言われているのです。

 

マナとヘイティキの関係とは

では、どうしてヘイティキはこんなにもマオリ族の人たちに重宝されていたのでしょうか。

その理由は、ヘイティキの役割に大きな関係があったのです。

マオリ族の人々は、この翡翠でできたペンダントの中に、祖先のマナが全て蓄えられていると信じていました。

彼らの習慣では、このヘイティキを身につけることができるのは家族の長のみです。

ヘイティキを身につけることで、祖先たちの持っていたマナの力を受け継ぎ、長としての役割を果たすために祖先のマナを自分の力として使い、家族の未来や名誉を守ってきました。

また、主人が死ぬことによってヘイティキにはその主人のマナも蓄えられ、次の主人へと託されていくのです。

ですから、家族を守るためにはヘイティキはなくてはならないものであり、マオリ族の人々にとっては家宝のように扱われてきたと言います。

 
「なんで?!」というくらい言い当てられました。(あっちさん/女性)

復縁したい、夢を実現したい、お金が欲しい、恋愛運や結婚運アップなど。あなたの人には言えない悩みや願望を、メディアで話題の"あの占い"でスッキリ解決!

→ 試しに占ってみる ←
ここをクリック
 
 
\   SNSでシェアしよう!   /

premium stone gallery

関連記事

  1. パワーストーンって、そもそも何?
  2. 夢占いで、パワーストーンのブレスレットが出てくる夢は何の暗示?
  3. 同じ石でも効果が違う?パワーストーンの不思議な力
  4. ラリマーの原産国に注意!実はドミニカ共和国でしか取れない?!
  5. リビアングラスの意味とは?
  6. パワーストーンの歴史
  7. 池袋ミネラルショー、前売りチケットはどこで買える?何が違う?
  8. パワーストーンどっちの腕につければいい?

ピックアップ記事

  1. ソーダライト

おすすめ記事

  1. ルチルクォーツの置き場所に優れているのは?金財運を最大に引き出す置き場所! ルチルクォーツ
  2. パワーストーンで金運を高めて、お金が貯まるようにしよう! パワーストーンで金運を高めて、お金が貯まるようにしよう!
  3. スギライトは日本の誇り

カテゴリー記事一覧

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP