石の基礎知識

マナの力を信じた古来の部族たち

80
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超自然的なパワーのことを、ポリネシアの人々は「マナ」と呼んでいました。

このマナのことを信じていたのは、一体どんな人たちだったのでしょうか。

 

マナを蓄積する「ヘイティキ」

マナの力を信仰していた部族の一つに、ニュージーランドの先住民である「マオリ族」という人たちがいます。

彼らは、祖先が宿していたマナを蓄えた、「ヘイティキ」という護符を、非常に大切にしていました。

マオリ族の言葉で「ヘイ」はペンダント、「ティキ」はニュージーランドの神話で人類の祖であると言われている男のことを指しています。

つまりヘイティキというのは、先祖代々受け継がれてきた、ペンダントのことです。

ヘイティキは翡翠軟玉に彫刻を施したもので、その形はある種の人間をかたどったものになっています。

このペンダントにマナが宿っている、ということで、古来のマオリ族はヘイティキを家宝として大事にしていたと言われているのです。

 

マナとヘイティキの関係とは

では、どうしてヘイティキはこんなにもマオリ族の人たちに重宝されていたのでしょうか。

その理由は、ヘイティキの役割に大きな関係があったのです。

マオリ族の人々は、この翡翠でできたペンダントの中に、祖先のマナが全て蓄えられていると信じていました。

彼らの習慣では、このヘイティキを身につけることができるのは家族の長のみです。

ヘイティキを身につけることで、祖先たちの持っていたマナの力を受け継ぎ、長としての役割を果たすために祖先のマナを自分の力として使い、家族の未来や名誉を守ってきました。

また、主人が死ぬことによってヘイティキにはその主人のマナも蓄えられ、次の主人へと託されていくのです。

ですから、家族を守るためにはヘイティキはなくてはならないものであり、マオリ族の人々にとっては家宝のように扱われてきたと言います。

\   SNSでシェアしよう!   /

天然石卸問屋 天然石卸問屋

関連記事

  1. 55定-1 ラリマーの原産国に注意!実はドミニカ共和国でしか取れない?!
  2. パワーストーンブレスレットの結び方 パワーストーンの結び方は?ブレスレットを作ってみよう!
  3. shutterstock_85394539 パワーストーンの乳白色が変色したら?
  4. shutterstock_99322784 金運アップに神社にいこう!〜正しい参拝方法と金運神社のご紹介〜
  5. パワーストーン 名古屋  パワーストーンを名古屋で購入するにはどの店がいい?
  6. 61 あなたの誕生石は何?パワーストーンの366日誕生石一覧
  7. 62 健康に良いパワーストーンは何?長寿・健康・癒しのパワーストーンと…
  8. 88 同じ石でも効果が違う?パワーストーンの不思議な力

ピックアップ記事

  1. 59
  2. shutterstock_597251201
  3. shutterstock_148921787
  4. モルダバイトフラッシュと上手に付き合う

おすすめ記事

  1. ルチルクォーツエンジェルヘアーは女性向き? 12
  2. モルダバイトの偽物の見分け方、一番確実なのは鑑別書? m-k2
  3. パワーストーンのブレスレットをオーダーメイドしよう! shutterstock_211347388

カテゴリー記事一覧

  1. パワーストーンのアクアマリンには、どのような効果が期待出来るのか?
  2. 23
  3. 39
  4. 55定-1
  5. 104

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP