石の基礎知識

スギライトは日本の誇り

スギライトが日本生まれの石だということをご存知でしょうか?

なんとスギライトは日本人が日本で発見した石なのです。

 

それも実は割と最近の話です。

1946年に日本の愛媛県で鉱物として発見され、当時はユーディアライトのような鉱物として発表されました。その後、1976年になってようやく新鉱物として認められました。

 

日本生まれの石となるとそれだけで急に愛着がわきますよね。(笑)

 

スギライトの名前の由来

スギライトと聞くと日本生まれの感じがあまりしませんが、和名は「杉石(すぎせき)」といいます。

スギライトを新鉱物として申請したのは岩石学者村上允英さんですが、名前は師匠である杉健一さんのお名前から「杉石」と名付けられています。師匠思いのお弟子さんのようです。

現在では「杉石」という名前よりも、海外で呼ばれるスギライトの方が親しみやすくなってしまっていますが、「スギ」という言葉は健在です。

 

杉石とスギライトではだいぶ印象が異なりますよね。

 

スギライトと聞くと、一般的に紫色のものが主流だと思われますが、実は多くの色のバリエーションを持っています。

▼スギライト▼

20151105014346 (1)

▼ピンクスギライト▼

20151105014346 (3)

▼ブルースギライト▼

20151105014346 (2)

 

ここまで色鮮やかだと自分好みの一品探したくなりますね!

こちらは紫の中でもかなり色味がきれいなものですね。。。

20151105014346 (4)
参照元:premium stone gallery

 

また、スギライトは「チャロアイト」、「ラリマー」と並んで、世界三大ヒーリングストーンとしても有名です。

日本生まれの石が世界三大に選ばれるというのは、とてもうれしいですね。

 

 
「なんで?!」というくらい言い当てられました。(あっちさん/女性)

復縁したい、夢を実現したい、お金が欲しい、恋愛運や結婚運アップなど。あなたの人には言えない悩みや願望を、メディアで話題の"あの占い"でスッキリ解決!

→ 試しに占ってみる ←
ここをクリック
 
 
\   SNSでシェアしよう!   /

premium stone gallery

関連記事

  1. ラリマーとクンツァイトの相性は?
  2. パワーストーンでイライラを解消!
  3. パワーストーン ブランド パワーストーンで人気のブランドをご紹介!
  4. パワーストーンを手に入れた後は・・・
  5. ルチルクォーツとインカローズの相性について
  6. モルダバイトフラッシュと上手に付き合う モルダバイトフラッシュと上手に付き合う
  7. パワーストーンの金運パワー
  8. 天然石って何?

ピックアップ記事

  1. 癒し効果に優れたクンツァイトに秘められた意味
  2. パワーストーンのアクアマリンには、どのような効果が期待出来るのか?

おすすめ記事

  1. リビアングラスの偽物に注意!本物の見分け方は? リビアングラスの本物と偽物を見分ける方法
  2. パワーストーンが切れる意味とは?物理的要因の他にスピリチュアル的な意味は?
  3. ラリマーの見分け方・本物を手に入れるためのポイントとは? ラリマーの見分け方・本物を手に入れるためのポイント

カテゴリー記事一覧

  1. カーネリアンのパワーストーンを身に付ける事により感じられる効果

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP