石の基礎知識

パワーストーンの保管方法

パワーストーンというのは、アクセサリー感覚でつけられるものが多いので、そんなに神経質になる必要はありません。

でも、やっぱりそうは言っても宝石であったり、純輝石であったりするものばかりですから、やっぱり自分自身でも、大切にしたいですよね。

では、パワーストーンのお手入れや保管方法って、どんな風にするのがいいのでしょうか?

 

パワーストーンのお手入れ方法

パワーストーンのお手入れ方法として最も一般的なのは、「シリコンクロスで拭き取る」というものです。

パワーストーンは常に身につけているものなので、そのままにしていると皮脂や化粧品、汗などがついてしまったりして、表面がくすんでしまったりすることがあります。

石の種類によっては、汚れに弱い類のものもありますし、どんな石でも皮脂汚れを長時間放置していると、どうしてもくすんできてしまいますよね。

そういったことを防ぐには、シリコンクロスなどの柔らかい布で拭き取るのが一番です。

あまり表面の固い布を使用してしまうと、柔らかい石では傷が入ってしまったりすることもありますので、気をつけてください。

 

パワーストーンの保管方法

また、パワーストーンを保管するときにも一つだけ注意しておいてもらいたいことがあります。

それは、「一つずつ個別の箱で保管する」というものです。

パワーストーンというのは基本的に固い石なので、そうそう傷がつくこともないのですが、そういった固い石同士がぶつかってしまうと、どうしても傷が入ってしまうこともあります。

そういったことを防ぐために、パワーストーンを保管するときには個別の箱を用意するか、もしくは仕切りのついている箱で一つずつ保管できるようにするのが理想的なのです。

・・・とはいえ、パワーストーンにもし傷がついたとしても、そう悲観することはありません。

パワーストーンは、アクセサリーとしてももちろん身につけていられますが、本質的にはお守りです。

パワーストーン自身が傷ついたときには、もしかしたらあなたが負うはずだった傷を代わりに受けてくれたのかもしれません。

ですから、そういうときには悲観するよりも、パワーストーンに感謝の気持ちを持つことが大切なのです。

 

 
「なんで?!」というくらい言い当てられました。(あっちさん/女性)

復縁したい、夢を実現したい、お金が欲しい、恋愛運や結婚運アップなど。あなたの人には言えない悩みや願望を、メディアで話題の"あの占い"でスッキリ解決!

→ 試しに占ってみる ←
ここをクリック
 
 
\   SNSでシェアしよう!   /

premium stone gallery

関連記事

  1. パワーストーンと干支の関係
  2. パワーストーンの値段はいくら?
  3. モルダバイトの見分け方
  4. パワーストーン☆黒い石はどんな意味?
  5. パワーストーンの効力はいつまで持つ?
  6. パワーストーンの正しい選び方
  7. 美の女神の名を持つヴィーナスヘアルチルクォーツ
  8. モルダバイトで瞑想する。瞑想ってなにがいいの?

ピックアップ記事

  1. ガーネットの意味は「貞操・真実・忠実・誠実」
  2. パワーストーンそれぞれの意味・一覧

おすすめ記事

  1. パワーストーンの浄化は月光浴が効果的!月光浴の優しい光で浄化する
  2. ラリマーをペンダントに。その効果とは? ライター業務マニュアル
  3. パワーストーンと星座の関係

カテゴリー記事一覧

  1. 緑色のパワーストーンに秘められたパワーの特徴

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP