石の基礎知識

現存しているパワーストーンの種類数は?

103

パワーストーンの種類がどれくらいあるものなのか、あなたは想像したことがありますか?

本屋などに言ってパワーストーン関連の書籍を見てみても、書籍によってその数が全く違っていたりもするので、本来のパワーストーンの種類がどれくらいの数に上るのかは、ほとんど誰も知らないのではないかと思います。

では、どうして書籍によって、書いているパワーストーンの数が違うのでしょうか?紹介されているパワーストーンの数は同じなのに、片方に書かれていてもう片方には記載さえされていない、というようなパワーストーンが存在するのでしょうか?

実はこれには、驚くような秘密が存在していたのです。

 

基礎知識8

 

パワーストーンの種類の秘密

多くの書籍で紹介されているパワーストーンの種類が全く異なったものになっているのは、実は当然であるとも言えます。というのも、実はパワーストーンの数というのは、常に変化し続けているからです。

代表的なものに、「翡翠」があります。

翡翠(ジェード)は、古来からずっとパワーストーンとして世界中の人々に愛されている石ですが、実はこの石、現在では「翡翠硬玉(ジェダイト)」と「翡翠軟玉(ネフライト)」の2種類に分類されています。

実は、ジェダイトとネフライトは1863年までは全く同じ石であると考えられていましたが、1863年を境にそれぞれ別の石であるというふうに判定されるようになりました。

また、水晶も形状や内包物によって、多くの細かい種類に分類されています。こうしたことも、パワーストーンの種類が変化する大きな要因の一つとなっています。

パワーストーンの歴史の中では、このように石の種類がどんどん変化しているため、パワーストーンの種類がどれくらいあるのか、というのをしっかり定義するのが難しいのです。

 

52

 

今も増え続けているパワーストーン

また、パワーストーンは何も昔存在していたものが複数の種類に分散しているだけではありません。今、この瞬間でさえも、新しいパワーストーンが発見されているかもしれないのです。

太古からパワーストーンの力は多くの人々に信じられていたため、もちろん古くから存在しているパワーストーンのほうが圧倒的に多いのですが、実は今でもパワーストーンというのは常に発見され続けています。

その代表的な例が、日本で発見されたパワーストーン「スギライト」です。

スギライトというパワーストーンは、実は1944年に日本で発見された、比較的新しいパワーストーンです。しかも、鉱物的には1944年に発見されていますが、その後パワーストーンとして人気を博し始めたのは1977年と、実はまだ100年も歴史がないような石だったのです。

他にも、20世紀に発見されたパワーストーンには「ブラジリアナイト」や「タンザナイト」などがあります。

今でも新しい力を持った石が発見され続けている、と考えると、それだけでぞくぞくしてしまいませんか?

\   SNSでシェアしよう!   /

天然石卸問屋 天然石卸問屋

関連記事

  1. 69 パワーストーンの色が持つ力の重要性
  2. 100 パワーストーンに相性は存在する?
  3. shutterstock_239788825 パワーストーンで恋愛力アップ
  4. パワーストーンのブレスレットを足につける効果と意味 パワーストーンのブレスレットを足につける効果と意味は?
  5. m-k2 モルダバイトの偽物の見分け方、一番確実なのは鑑別書?
  6. shutterstock_99322784 金運アップに神社にいこう!〜正しい参拝方法と金運神社のご紹介〜
  7. リビアングラスの原石の背景・歴史とは?リビアングラスのルーツを探…
  8. 102 パワーストーンの購入先選び

ピックアップ記事

  1. 44設定-5
  2. 水晶のパワーストーンの効果とは?水晶で開運体質を目指してみよう!
  3. 34
  4. 紫のパワーストーンの種類
  5. 78

おすすめ記事

  1. スギライトというパワーストーンとの上手なお付き合い shutterstock_221230564
  2. パワーストーンの浄化時間は? 159設定-2
  3. 金運を上げるのに効果のあるパワーストーンはどれ? 54

カテゴリー記事一覧

  1. 61
  2. パワーストーンの紛失が意味すること
  3. パワーストーンの力で復縁に成功
  4. 8
  5. パワーストーンの翡翠(ヒスイ)を身に着ける効果

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP