石の基礎知識

モース硬度とは

90

パワーストーンの本やサイトを見ていると、必ず出てくるのが「モース硬度」という言葉。

硬度、というくらいですから、石の硬さのことだろう、というのは想像がつくと思いますが、実際にどういう硬さのことを指しているのかは、あまり知らないのではないかと思います。

では、モース硬度というのは一体どんなものなのでしょうか。

 

モース硬度とは

モース硬度というのは、何か特定のもので石を擦ったときに、傷がつくかどうかという基準で決められる硬さです。

モース硬度は1〜10までの10段階で示されますが、それぞれ何で擦って傷がつくか、というアイテムが定められています。

例えば、モース硬度1だと爪で簡単に傷がついてしまう程度の硬さ、モース硬度10は何を使っても傷がつけられない=地上の鉱物で最も硬い、という風に定められます。

これを見てもらえれば分かると思いますが、モース硬度というのは、10と定められているからと言って、1のものの10倍硬い、というわけではないということです。

モース硬度10のダイヤモンドは、モース硬度9のルビーよりも140倍硬い、という風に言われています。

つまり、硬度自体が尺度になっているわけではない、ということですね。

ちなみに、パワーストーンを取り扱っておく上で知っておきたいのが、「モース硬度7」という数字です。

実はモース硬度7というのは、空気中に浮遊している砂塵と同じモース硬度です。

つまり、周囲の空気に触れた布などで拭いたとき、モース硬度7以下のパワーストーンは傷がついてしまう可能性がある、ということですね。

これは、確実に知っておいてください。

 

モース硬度表

モース硬度 硬さの基準 主なパワーストーン
爪でかんたんに傷がつく ロウ石(滑石)
爪で傷がつく 石膏
コインで傷がつく カルサイト(方解石)
ナイフでかんたんに傷がつく フローライト
ナイフで傷がつく アパタイト(燐灰石)
鉄やヤスリで傷がつく ムーンストーン
ガラスを傷つけられる クォーツ、トルマリン
クォーツに傷をつけられる トパーズ
トパーズに傷をつけられる ルビー、サファイア
10 地上の鉱物の中でもっとも硬い ダイヤモンド

ちなみに、モース硬度10のダイヤモンドであっても、絶対に割れない、という意味ではないことに注意してください。

たとえダイヤモンドであっても、金槌で急激な衝撃を与えると、かんたんに割れてしまうことだってあります。

\   SNSでシェアしよう!   /

premium stone gallery

関連記事

  1. shutterstock_85394539 パワーストーンの乳白色が変色したら?
  2. shutterstock_99213890 パワーストーンの保管方法や保管場所とは?
  3. shutterstock_108884228 パワーストーンのブレスレット・ストラップの作り方
  4. ルチルクォーツ ルチルクォーツの置き場所に優れているのは?金財運を最大に引き出す…
  5. 82 中国の「気」の考え方
  6. 102 パワーストーンの購入先選び
  7. パワーストーンの値段はいくら?
  8. 63 パワーストーンの浄化方法を具体的に解説!疲れたパワーストーンの癒…

ピックアップ記事

  1. 82
  2. shutterstock_239788825
  3. 159設定-2
  4. shutterstock_149893328
  5. パワーストーンの紛失が意味すること

おすすめ記事

  1. 金運アップに効果がある待ち受け画面って何? shutterstock_104252510
  2. 金運アップにはどの占いが良い? shutterstock_111021062
  3. パワーストーンの保管方法や保管場所とは? shutterstock_99213890

カテゴリー記事一覧

  1. 95
  2. shutterstock_85394539
  3. 37

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP