石の基礎知識

パワーストーンのゴムが切れた!修理の方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切なパワーストーンのブレスレットが切れてしまった!?そんなあなたにパワーストーンのブレスレットの治し方をご紹介しようと思います。購入したところで治してもらうのが一番良いのですが、意外と簡単に自分でも修理できるものですよ!

 

パワーストーンのブレスレットが切れたときは?

パワーストーンのブレスレットが切れたときは?

ブレスレットに使われていたパワーストーンをなくさないために、必ず小さな袋などに入れて修理するまで保管しておきましょう。すぐに行ける場所にブレスレットを買ったお店があるのなら、そちらで治してもらえるかお願いしてみてください。もしお祭りの露店で買ったもの、プレゼントでもらったものなどで買った場所での修理ができない場合は、自分でブレスレットに使われるゴムを買って治すようにしましょう。

 

パワーストーンのブレスレットに使われるゴムの種類について

パワーストーンのブレスレットに使われるゴムの種類について

パワーストーンのブレスレットには2種類のゴムが使われています。それぞれ良いところと悪いところがありますので、自分が良いと思ったゴムをご使用ください。切れたときと同じゴムを使用すると良いかもしれませんね。

・シリコンゴム

初心者にも使いやすいゴムですが、二重にすることができないため、一度切れると石が飛び散る可能性が高くなります。耐久性はオペロンゴムよりもこちらの方が高いため、定期的に一人でお手入れをする方はこちらを使用しても良いかもしれません。透明なカラーのものが多いため、ルチルクォーツなどをはじめとした透明なパワーストーンを使われている方は、こちらをチョイスした方が似合うと思います。大きすぎるゴムを強引に通すと石に負担がかかりますので、最初は細いものを選ぶと良いでしょう。

・オペロンゴム

細い繊維が束になってできているゴムで、二重にすることでゴムが切れたときに瞬時に石が散らばるリスクを減らすことができます。またオペロンゴムにはさまざまな色のゴムがありますので、お気に入りの色のゴムを使うことでより自分好みにできます。ただし使用しすぎると石にゴムの色が付着してしまう可能性がありますので注意が必要です。ゴムが緩くなったり、石の隙間から割けるチーズのようにゴムが切れて来たら早く取り換えましょう。難点としてはシリコンゴムよりつけるのが難しいこと。ワイヤーなどを同時に購入しておくと良いですね。

 

いかがでしたか?二種類のゴムの性質を理解して、自分に合ったゴムで修理をするようにしましょう。どちらのゴムを使っても必ずお手入れを忘れないようにしてくださいね。

\   SNSでシェアしよう!   /

天然石卸問屋 天然石卸問屋

関連記事

  1. shutterstock_54624694 インカローズのネックレスの効果とは?インカローズが引き寄せるもの…
  2. 90 モース硬度とは
  3. ガーネットの色と種類はどんなものがあるの? ガーネットの色と種類はどんなものがあるの?
  4. 87 古代からつながるパワーストーンへの信仰心
  5. 18 夢占いで、パワーストーンのブレスレットが出てくる夢は何の暗示?
  6. パワーストーンをオーダーメイドしたい!店舗を選ぶポイント パワーストーンをオーダーメイドしたい!店舗を選ぶポイントってある…
  7. 94872744_o1 スーパーセブンの意味・効果は?
  8. インカローズの持っている意味・効果とは?

ピックアップ記事

  1. 103
  2. 64
  3. shutterstock_70198648

おすすめ記事

  1. 紫のパワーストーンの種類は何?おすすめは? 紫のパワーストーンの種類
  2. インカローズは7月の誕生石!インカローズの魅力について触れてみよう! インカローズ
  3. パワーストーンと干支の関係 75

カテゴリー記事一覧

  1. shutterstock_120946294
  2. ガーネットのアクセサリー
  3. モルダバイトフラッシュと上手に付き合う
  4. 72
  5. 58

今日の人気記事

週間の人気記事

パワーストーンから選ぶ

PAGE TOP